浜松市・湖西市を中心に活動するサッカーNPO 浜松フットボールアカデミー

2020年

8月

12日

大井川遠征 VS EWS初倉FC

・8月12日(水)大井川多目的グラウンドは最高のグラウンドコンデションでした。

猛暑の中でしたが、この素晴らしいピッチに立ってやる気が出ない選手ならばフットボーラーではないと思うほど、施されていました。

U14同士では圧倒され、ボールの落ち着かせるところがなく選手からは戸惑いすら感じました。

そんなゲームを受けて、U13チームがボールへの執着と落ち着きを見せて闘ってくれました。

結果的には、トップチームであるU14チームの新たな可能性を課題とともに発見でき、U13チームの中長期的な習得すべき点も見直しができた遠征となりました。

大井川の老舗クラブの代表である曽根さんは、すでに何人かのプロ選手を育成輩出しているのは県内サッカー関係者の知るところであり

私自身も話をさせていただき、試合をさせていただく都度、とても勉強になります。

次回再戦には、うちの選手の成長も見てもらえるよう、頑張りたいと思います。

EWS曽根さんならびに選手の皆さんありがとうございました。

2020年

8月

10日

トレーニングマッチ VS RBA浜名湖

・本日は3連休の最終日、RBA浜名湖FCとのトレーニングマッチでした。暑い中、30分と25分を3セット行いました。

全員に出場機会を与えながら、先月からの課題の克服を意識しながら取り組みました。明後日の日帰り遠征に向けて再度定着度合いの確認ができたと思います。

個人的には、10年前にSMC(スポーツマネージメントカレッジ)での受講生だった石原コーチにも久しぶりに会うことができました。

山本代表ならびにRBA浜名湖FC選手の皆さん、ありがとうございました。

2020年

8月

09日

2部制トレーニング休憩のひととき

・本日は2部制でのトレーニングでした。

昨日の1学年上のチームとの対戦で露呈した課題を今後継続して

改善習得していくために、今日のトレーニングはとても充実しました。

朝イチより、サウンドに合わせてリズムに乗ってステップワークと

ジャンプを中心に身体を動かすことから始動しました。

狙いはジャンプヘッド、ヘディング向上とオフの動きに対応するステップワークです。

30分事にクーリングダウンを設けて集中してトレーニングが出来ました。

ジャンプヘッドのトレーニングもボールのない状態から、少しづつ難易度を高めていきました。

トレーニングの締めとして、正しいボールの受け方から

パワーを生かせるコントロールからキックをテーマにシュート練習で終了しました。

非常に暑い中、高い意識でトレーニングでき、短期的には次のゲーム、中長期的には来年、将来に向けての目標に向けて、あらためて習得すべき個人戦術を獲得していきたいと思います。

 

※画像は昼休憩時の静かで晴れやかなグラウンドの様子です。芝の緑と青い空、整頓されたトレーニング用具が良く映えます。

2020年

8月

07日

高校との合同トレーニング

・8月6日(木)浜松湖南フットボールクラブU-14のトップチーム選手のうち、8名が高校生との合同トレーニングに参加しました。

午前中のテーマは守備のポイントの一つである中盤でのボール奪取のトレーニングをメインに1時間30分ほど行いました。

4対4のライン陣形から、アプローチの質、サイド選手の役割、

中央選手の役割、チャレンジカバーの連動連続とその距離等々、

シンプルかつ妥協してはいけないプレーのポイントなどを守備の原則に基づいて実施しました。

高校2年生と1年生50名の中に混じってプレーさせていただきました。

予想通り、体格差、スピード、瞬発力、パワーのすべての面で劣る中でのトレーニングは大変貴重なものでした。

午後のトレーニングマッチには3チームに分散した中に入らせていただき、持ち味を発揮できた選手、何も出来ず終わってしまった選手、

様々な思いで良い経験をさせていただきました。

私個人は、U14の年代以降は、学年や年代は関係なくプレーできる事が理想的な技術や戦術、走力とメンタルを身につけさせたいと常々意識して選手にはトレーニングやゲームに臨ませています。

このような機会をいただき、感謝しかありません。廿日岩先生、川口先生、ならびに浜松湖南高校サッカー部選手ならびに遠江綜合高校サッカー部選手の皆さん、ありがとうございました。

 

※写真はヒップホップのサウンドにリズムを合わせてステップワークを中心にコーディネーションをする選手たち

 

2020年

8月

02日

一流を目指して・・

 

一流のサッカー選手になるためには、

技術ー戦術-体力とパーソナリティの向上、確立が不可欠です。

しかし、1日でうまくならない、1か月、いや1年・・・

成長するには努力と継続の日々があってこそです。

中学生年代でも、素晴らしいチーム、素晴らしい選手はたくさんいます。

浜松湖南フットボールクラブUー15は選手一人一人が気持ちは1流。

人間的に成長するために、規律、礼儀、挨拶、荷物管理などを

はじめに、できることから、やらねばいけないことから取り組み、

一流になるためのベース作りを考え、選手一人一人が謙虚に

思いやりとやりがいを以てサッカーとチーム活動を通じて成長していくことを重点に取り組んでいる、自慢の選手たちです。

応援よろしくお願いします。